安心の最高品質のインプラントを高い技術と低料金で実現 mail


診療時間

いびき治療

 いびきと睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の治療について

いびきは、睡眠中に気道が狭くなって笛の原理で起こる呼吸障害であり、いびきがひどくなって気道が完全に閉鎖してしまうと閉塞型睡眠時無呼吸症(OSAS)となります。
運転手の居眠り事故などで、最近、社会的にも注目を浴びている疾患ですが、耳鼻科的には軟口蓋の手術や経鼻持続陽圧呼吸療法(Nasal CPAP)などで対処しますが、歯科口腔外科では狭窄性いびきに対して、スリープスプリントを作成し装着することで良好な結果を得ています。
とくに、当クリニックでは、従来のスプリントを改良し、顎を固定しないで開口可能な独自のスリープスプリントを開発使用しています。軽度あるいは中程度のいびきや睡眠時無呼吸症候群に対しては、このような歯科的治療が非常に有効であることがわかってきました。
この治療は、スプリントによって後退した下顎を前方へ誘導して気道を広くしようとする方法なので、専門の顎関節症の治療と共通点があり、咬み合わせを十分考慮しながら安全に行います。
幸い今年から、この口腔内装置治療に対して医療保険が適用されることになり、耳鼻科医師と連携しながら症例に応じた適切な治療を安い料金でできるようになりましたので、いびきでお悩みの方は是非御来院ください。

いびき治療